車のツヤを数値化で明確に表現 カーコーティング施工

分光色差計で車磨き研磨の仕上がり判定


先日2018年8月29日・30日に鹿児島で開催されました、JCA
日本コーティング協会主催の講習会に愛媛より行ってきました。

何の講習なのかと言いますと、今まではコーティング剤を塗る前の段階、
即ち車磨き研磨を終えた状態で、「ツヤ」がどれ位あるのかを目視判定
で行なっていました。

今回はそのツヤ判定を、「分光色差計」を使って計測するという、
世界初の判定方法についてが講習内容になります。

講師はケヰテック株式会社 金子 幸嗣(かねこ こうじ)代表



先ずは座学にて理論から徹底的に教えていただきました。

忘れかけていた三角形の計算などなど・・・

学校で学んだことがやっと仕事で発揮された瞬間でした。



その後、スマホの保護シート表面などを使い実際に計測を行い、
計測結果をパソコンに入力して行き計測器に慣れる訓練を

参加メンバー全員で行いました。


そしていよいよ車の塗装で計測、試験用ボンネットを使いますが

比較しやすように1200番のペーパーで浅い傷を入れます。


各種ポリッシャーでバフ・コンパウンドなどを変えながら

パネルを区間ごと実際に磨いて行きます。


一見するとそんなに違いはなさそうですが、

分光色差計で計測すると・・・・・


分光色差計を用いて、20箇所測定後、パソコンにて計算し、
「ΔE✳︎ab」という数値を導きだすことで、研磨が適切に行われているかが、明確に算出できます。

続きは実車レポートを予定しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly